HiKaRin's BLOG

"I am captain of my ship and the master of my fate!"

#446 いつかはなくなってしまうもの

 

 

この今感じてること、経験してること、

いつかは記憶から消えてなくなっていく。

 

歳をとって、忘れていく。

 

 

私が中学の時、

『忘れられたくない』

自分がこの学校にいたことを、

自分が成したことを、誰かに覚えていてほしい。

 

そんな思いが強くて、

生徒会長もやったし、行事も作った。

 

 

そんな自分がいたことを、忘れていた。

 

 

 

何かを成し遂げ、誰かの中に残る。

何かを成し遂げること、失敗することを恐れるようになった。

 

自分は素朴に生きれればいい。

何かを残すことに価値なんて感じなくなっていた。

 

 

しかし、昔の想いがぶり返してきました。

『いつか自分が忘れてしまっても、誰かに覚えていてほしい。自分という人間が誰かの中に残ってほしい』

 

 

きっと、その方法は、一つじゃない。

いろんな手段があると思うの。

 

 

 

誰かの中

 

 

っていう抽象的な対象を、もっと具体的にしてみるとか。具体化したその人の中に、どんな自分を残してみたいかとか。

 

 

そういうの、理想、っていうのを、持ってみようと思う。

 

http://hiromaeda.com/2017/09/25/theperfectme/

 

 

勉強になった。

 

f:id:hyamasaki0101:20170929235022j:image

f:id:hyamasaki0101:20170929235027j:image

 

こしあんまんの、こしあんは、

地獄級に熱い!!!!!!!