HiKaRin's BLOG

"I am captain of my ship and the master of my fate!"

#178 シリコンバレーから更新②



こんばんは!
こちら、3時10分、シリコンバレーからの更新2日目でございます。


今日の日程
朝からお昼までは、シリコンバレーについて講習してもらいました!

日本の企業も数多く進出してること、大企業の1人あたりの稼ぎは2億円近いこと、Appleはやはり売り上げトップという事実。エトセトラ。。


知ってること、知らないことまざりまざり。現地に長く暮らしている方(山谷さん)のお話は、とっても衝撃と、感動あるものでした。

自分の情報調査不足も重なって、、
学ぶことは沢山ありましたm(_ _)m



お昼からは、YAHOO!へ!
いや、YAHOO!は良かった。

Googleもそうだったけど、写真の方の、のびのびと自分のお仕事に没頭されてる姿、、、日本との違いをやっと実感しました。


とにかく、方法はひとつじゃないってこと。型にはまった就職活動じゃなくて、型にはまったレジュメではなくて、自分をいかに魅せるか。そして、自分がどうしたいのか。


日本にはない雰囲気かもって感じた。


そして、もうひとつ。
世界に認められるサービス、世界で使われるサービスを作るとき、文化の違いや習慣の違いがあるなかで、どのようなことを意識してサービスを作っていますか、


という、私の問に関して、
やはり、ローカルに耳を傾けること。まずは、どこかで試してみる。そして、需要があるような地域にも、試してみる。

とにかく、その土地で使われるサービスにするなら、ローカルの意見は聞かなきゃね。


はい、確かにそうですよね。。
文化も習慣も、需要もわからないままリリースするなんて、何がしたいの、みたいな。何も、問題解決する気なくない?ってね。


これから、世界共通を少しでも見つけられたら、サービスの形として、これだ!みたいに打ち出せるのかな。

まだ、ローカルの意見も弱いんだから、世界世界言ってる場合かってな。





夜は、南博剛さん、YoshizawaTakeshiさん、ChinaRikioさんと会食!(漢字が調べきれなくてローマ字でごめんなさい、、)

お三人方に、サービスのお話を聞いてもらいました。そして、フィードバックをいただきました。

デリケートな人の感情に対してのサービスだから、ビジネスとしてやっていく時に、ビジネスモデルを立てるのは難しいね。との意見をいただき、確かに、ビジネスモデルを考えれていなかったので、今日を機に、しっかり考えて進めていきます。


良い気分?、、、
カップラーメンあったけど、美味しくないって。


今日は少し夜更かしして寝ますか。