HiKaRin's BLOG

"I am captain of my ship and the master of my fate!"

#212 介護施設と私



沖縄を出て、初めての外交inTOKYO



特別養護老人ホーム 三ノ輪 様を訪問いたしました。
10月の8日からアポを取りを開始してから1週間
10月30日の施設見学とインタビューの時間を設けていただき、本日10月30日金曜日!14時から17時半まで3時間半、詳しくお話することが出来ました。



施設の職員さんや、役職がトップの方々も、とても悩んでいらっしゃるようで。とても、胸が痛かったです、

 

利用者様のサポーターである職員の方は、3分の2は日々の業務に追われ、なかなか利用者様とコミュニケーションが取れないとか。

デジタル化によって、利用者様と接する時間が出来てきたにもかかわらず、入居者の方の症状が重くなっているという問題から、なかなか全ての方とのコミュニケーションに時間が回せない。


本来なら、みなさんとお話して、笑って、その瞬間をご家族に届けることが出来れば、、、、それは理想なんだと。



ご家族、利用者様のことを考えると、施設職員さんも、理想と現実に悩まさせれいることがハッキリわかりました。

そんな皆さんだからこそ、この業界をよくしていきたいんですよね。 


施設にいる利用者様のサポーターである皆さんと一緒に、進んでいきたいです!という思いは思いっきり伝えられたと思います。



今後、こうやって、広報していくことは、はやり大事なことだと思いました。



私たちのサービスに関しては、前向きに考えたいとおっしゃっていただけました。システムの導入に関しては、抵抗がない施設さんのようで、すんなりとサービスのイメージをしていただけましたが、、


なかなか、その時間を作れるかどうか、その余裕があるかどうか、利用者様全員対象なのか、という不安があるようでした。


職員の方の感じる不安を、ひとつでも多く払拭していくことも、今後の私達の課題です。


現場の状況や、職員さんの声は、私達のサービスにとって、重要な要素です。とても勉強になりました。