HiKaRin's BLOG

"I am captain of my ship and the master of my fate!"

#256 プロになる秘訣について考えてみた件



「言われたことはできるんですけど、応用ができない。」

どうも、自動車学校にて、「やればできる子」と毎度言われています、山﨑です。
 


自動車と言うのは、難しい、そして危ない。
私は、教官が横に座ってくれていますから、90%交通規則を守れていると思うのですが
まれに、ものすごく危ない状況に鉢合わせすることがあります。


「私、当たってますよね?」「私間違ってませんよね?」
私は、そんなことを心に思っていたりしたのだけれど・・・
この性格、事故起こしやすい体質らしくて(運転適性診断の結果より)

運転するのが不安で不安で。
まぁ、安全運転、十分注意して免許は取らせてもらおうかと思っていますが、
お気に入りの車買ったりなんかして、速攻倉庫なんかにぶつけたりしそうで・・・
ま、がんばろ。まずは、免許。







人間、普通に生きてても気づかないけど、少し頭を使ってみると
ものすごくごく普通なことに気がつくんですね。


私も、ふっと




「センスでわかること突き詰めた(論理的に説明できる)のがプロ」

だよね。



この色がいい、このバランスがいい
このテンポがいい、この風味がいい

これ全部、なんとなくわかる人っているよね。
その人が、『なぜ、そうなるのか』を、はっきり論理として説明してくれたら
もしくは、信頼のおけるステータスをもってくれていたら、それがプロっていうんだな。


だから、私も、感覚的にわかることを、もっと磨いて
その分野・その物事で突き抜けちゃいたいなって。



つまり、あなたに何か、”感覚的にわかる何か”がある時
磨いちゃえば?って話です。



私が二十歳の誕生日を迎えた時、姉が、シルバーのネックレスをプレゼントしてくれました。
姉は、ゴールドで、色違いのもの。


それが気に入らないとか、ゴールドがいい、とかではなく
「どうして私はシルバーなの?」
と聞いた時
「ひかりは、シルバーが見合うかと思って。顔がシルバー系だよ。」
って言われました。


今年の一月のこと、私が建築家兼デザイナーの戸倉蓉子さんにお会いした時、
「あなたにはシルバーが見合うわ」

と言われた時、
あれ、これ前に姉にも言われたな。。。


お姉ちゃんって、やっぱりカラーとかデザインとかに関して、直感的にわかる人なんだろうなと思って、そんな人が、本気出して学んで、突き抜けちゃったりしたら、一際輝くんだろうなって。






センスは、磨いて初めて実力になり、プロフェッショナルになるんだなぁ



と、気づいた山﨑でした。



明日は、日曜、日曜市だ。
おやすみなさい


沖縄風マトリョーシカ
可愛い!いつかわほしい、沖縄のおみや
29

↓お店情報↓
沖縄風マトリョシカ

feliz

住所/沖縄県浦添市宮城4-20-11

営業時間/13時~19

電話/098-879-5221

定休日/日曜日